消費者金融 アコム

融資を受ける場合、利用者とアコムとの間は「契約」関係があるといえます。
その契約には、融資を受けた金額については必ず返済することや、利息などについての内容も含まれています。ある意味わかりきったことと思われるかもしれませんが、ではこの契約が終了する時というのはどんな時でしょうか。多くの人がアコムで借り入れたお金をすべて返済し終えた時、と考えるかもしれませんが、実はそれは間違いです。アコムのひとつの特徴といえるのが、「返済したお金は再び借り入れることができる」という点です。たとえば住宅ローンや自動車ローンを考えた場合、仮に100万円借り入れたとして、そのうち20万円返済したとします。単純計算として借入残高は80万円の残高になりますが、返済した20万円については再利用はできない計算となっています。
これがアコムの場合、同じ100万円を借りて20万円を返済した場合、借入残高は80万円となりますが、「借入可能金額」として100万円が再利用可能な状態となります。
そのため、仮にアコムから融資を受けた分をすべて返済したとしても、それはあくまでも「借入可能残高」が最初の状態に戻るだけであり、アコムとの契約関係はそのまま継続することになります。
これがアコムが他の銀行などと大きく異なる点であり、特殊な点でもあります。
話を戻すと、アコムとの契約関係が終了する時というのは、確かに「完済すること」がひとつの条件ではありますが、そのうえで利用している人が「解約」の申し入れをして初めて手続きが可能となります。
解約の手続きが完了することによって、アコムとの契約関係は終了となるわけです。

更新履歴